明治神宮に初詣

2020.01.16 Thursday 23:25
0

    JUGEMテーマ:初詣

    JUGEMテーマ:うれしかったこと

    JUGEMテーマ:季節の出来事

    JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

     

     

     

      こんもりの 明治神宮 初詣

     

     今日は、関西出身の友人を案内して明治神宮へ初詣に行きました

    〜明治神宮は何年ぶりでしょう?

    地下鉄の表参道駅から原宿方向へ向かい明治神宮へ

    神宮の木立の中へ入ると、霊験新たかな感じがしてホッ!としたり、身が引き締まる感じがしたり…です

     

     まずは、数年前にパワースポットとしてブームになり、予約制だったと聞いていた清正の井戸へ(写真右上)

    今回は普通に待たずに入場出来ました(*^^)v

    ブームが去った様です

    途中の菖蒲田を職人さんたちが丁寧に手入れされている様子を見て

    また菖蒲が咲く時期に来れたら良いな!と思いながら通り過ぎ…

     

     1周回って本殿へ向かいました

    お正月の3が日のような混雑は殆どなくお参り出来ました

    2020年は明治神宮100周年の年だそうで!記念の年なのですね

    記念の年にお参りできたことを有難く感じています

     

     その後ランチ

    表参道「千疋屋」のワンプレートランチ(写真右下のビーフ・ストロガノフ)を頂きました

    美味しかった!フレッシュなフルーツがお洒落にのっていて、感激!お腹一杯!

    表参道ヒルズなどブラブラして帰り

     

     また来年もこんな初詣が出来たら良いな!と思っています

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:五.七.五 | by:マッシュドポテトcomments(2) | - | -

    どんど焼き

    2020.01.12 Sunday 15:37
    0

      JUGEMテーマ:季節の出来事

       

       

       ガンダムの 歌と共に 燃え上り!

       

       毎年恒例の町内会の行事始めのどんど焼きです

      恒例行事となってか何年経つのでしょうか?

      全ての行事が、私が最初に参加したときからドンドン進化して整備されているように思います

      組長さんたち始め、町内会員の協力を束ねながら

      色々なイヴェントを計画し実行される役員の方たちのお力に敬服しております

       

       我が家も門松を持って行き、参加しました

      門松を預けて、着火を待っていたら急に頭の中でガンダムの主題歌

      「燃え上れ!燃え上れ!…」がグルグル回り出して一杯になりました

      どんど焼きに、なんでいきなりガンダム(?_?)なのですが

      今日はそういう心境なのだと言う事で…

       

       兎にも角にも、今年も無事に門松は煙と共に燃え上りました(*^^)v

      身近でこんな季節の伝統行事に参加できるのは、本当にありがたい事ですね

      感謝!

      category:五.七.五 | by:マッシュドポテトcomments(2) | - | -

      ゴッホ展と大浮世絵展

      2020.01.11 Saturday 16:53
      0

        JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

         

         

          駆け込みで 作品たちは 頭の向こう

         

         昨日10日、主人と二人で

        13日に閉幕となるゴッホ展と、19日に閉幕になる大浮世絵展に行って来ました

         

         まず先に上野の森美術館のゴッホ展へ

        上野公園に上がって行ってもうビックリ!

        公園の中をグル〜っと長蛇の列が巻いていて…

        最後尾を清水観音堂の前にようやく見つけて、「入場まで50分待ち」と書かれた札の前に並びました(写真上)

        この時点では、美術館の入り口は見えず

        こんなに遠いのに、本当に50分で入場できるのかしら?と思いましたが、意外に早く進んでいく様子

        10分位並んでいたら、遠くに美術館の入り口が見えて来ました

        晴れていて風もなかったので並んでいられるけど…と言いながら待つこと40分

        予想よりも早く順番が回って来て入場!

         

          会場内も当然超混み、人の頭越しと言うか隙間から眺めるっきゃない状態でした

        ゴッホの初期の作品は、有名画家の作品を模写する所からスタートしたそうで

        私にとっては未知のゴッホの作品が並んでいました

        その後ゴッホに影響を与えた画家の作品が展示され

        またゴッホの作品へ…と流れて行きます

        要所要所に弟「テオ」に送った手紙が配されているので

        作品を解釈する上での助けになりました

        観終わって、わたし的にはやっぱり最期を迎えた精神病院に入院した後の作品群の力強さが一番好き!

        ゴッホらしさはあの自由な開放感ある線にこそある!と思いました

         

         それから予定外の行動

        せっかく上野まで来たから、両国の江戸東京博物館へ足を延ばそうと言う事になりました

        浮世絵展にも行きたい!と、主人は言っていたのですが

        はしごはきついかな…でも老体に鞭打って!

         

         両国はやっぱりお相撲の街、国技館に力士の幟旗がはためくわきを通って博物館へ

        「今日は混雑しているので、空いているところからご覧下さい」と言われながらすんなり入場

        ゴッホ展の混雑に比べたら、これでも混んでる!?と言う感じなのが有難い

         

         こちらは5人の作家ごとに作品が展示されていました

        日本人の作品なのに、海外の美術館の所蔵品ばかりで

        如何に多くの作品が明治時代に流出したのか!勿体ないな〜ぁと

        今まで浮世絵の展覧会は殆ど観たことがなかったので

        浮世絵の構図とか色彩とか色々な面で新鮮な魅力を感じました

        疲れたけれど、満足(*^^)v

         

         美術館初めの1日となりました

        また今年も興味深い企画の数々を楽しみたいと思います

         

         

         

            

         

        category:五.七.五 | by:マッシュドポテトcomments(0) | - | -

        駅伝と新年会

        2020.01.03 Friday 19:59
        0

          JUGEMテーマ:正月(三ヶ日)

          JUGEMテーマ:家族のこと

          JUGEMテーマ:うれしかったこと

          JUGEMテーマ:グルメ

           

           

           ようやっと パワフル背中 捉えたり!

           

           今日は横浜駅直近の崎陽軒で、実家の家族が集まって、恒例の新年会をしました

          今年が最後かも?と言いながら、もう何年続いているのか?

          今年は母の骨折で開催が危ぶまれましたが、痛みの回復が早く無事にこの日を迎えました

           

           崎陽軒は国道1号線沿いにあるので、横浜に到着するとまず応援用の旗を貰ってから崎陽軒に入ります

          今年も窓から見下ろして応援!

          毎年先導の白バイをみつけたらシャッター押し続けるのですが、姿を捉える事が出来たことなく(..)

          と言うのも、茂った街路樹の隙間から選手が見えるのって、ほんの一瞬なんです

          なのに!なのに!今年は大成功!感激です

          おみくじで、大吉当てたような(*^^)v良い年になるかな!?

           

           ちなみに今年の新年会の御馳走は下の写真の通りでした!

          家族みんなで美味しく頂きました!

          1年のスタートを、揃って美味しく始められるのは有り難い事です、感謝! 

           

           

           

           

          category:五.七.五 | by:マッシュドポテトcomments(2) | - | -

          謹賀新年

          2020.01.01 Wednesday 23:31
          0

            JUGEMテーマ:正月(三ヶ日)

             

             

             

             お正月 蜜柑やお節 忙しく 

             

             明けましておめでとうございます!

            皆様のご健康とご多幸を、心よりお祈りいたします

            本年もどうぞよろしくご愛読をお願い申し上げます

             

             少しブログの更新をご無沙汰してしましましたm(__)m

            母が骨折し、通院に付き合っていたので…

            大分回復して私にも時間の余裕が出来ましたので

            昆布巻き等、少しだけお節の準備も出来ました

            自分で作った方が、塩分・糖分 抑えられるように思います

             

             蜜柑は、毎シーズン楽しみにしている小田原市の江の浦の農園の産直品

            10月の台風19号の強風で、直売所にしている小屋が半壊(>_<)

            例年11月末から始まるミカンの直売のお知らせがなく心配(涙)していた12月半ば、ようやく1回目の開店

            やはり台風の影響濃く、風雨で木が倒れたそうです

            その上、お父様の御不幸が重なったそうで…合掌

            年末にももう1回直売所が開店したので、ミカンもお節と共に、テーブルの上に乗せることが出来ました

             

             なんだかんだありますが、令和初のお正月を何とか無事に年を越えることが出来ました

            今年もどうぞよろしくお願いいたします 

             

             

             

             

             

            category:五.七.五 | by:マッシュドポテトcomments(2) | - | -

            消防車

            2019.12.11 Wednesday 20:55
            0

              JUGEMテーマ:家族のこと

               

               

               屋根修理 車庫に入るは 消防車 

               

               実家の屋根が、9月の台風15号で破損してから約3か月

              ようやく屋根屋さんの順番が回って来て、修理をして貰えることになりました

              その間台風や低気圧が通過するたびに

              また瓦が飛ぶのではないか?雨漏りするのではないか?とハラハラ・ドキドキ

              他に酷い被害にあわれた被災者の方がたくさんいらっしゃるでしょうに、申し訳ない気持ちもしますが

              年内にこの不安が解消されるのは、有難いです

               

               さて、工事日の朝やって来た職人さんの車を見てビックリ(@_@)

              これって、まさか消防車だった?

              の私の問いに、「YES」と答えた屋根の職人さん

              以前はスクラップにしかならなかった消防車が、利用したい人もいるだろうから…と中古市場に出るようになり

              梯子を載せる専用の場所があるし、戸棚など付いていたり仕事に使う器具類を整理して載せられるし…

              使い易そうだから…と購入したそうですが、思惑通り(^^)/

              ちなみに消防車は1台1000万円以上するのだそうですが、中古消防車の購入価格は不明

              ただ、不要のホースは重いから外し、サイレンは点かない様にするなど改良しなければ、車検に引っかかるそうで…

              思い切ってお願いして、運転席に乗せて貰いました(*^^)v

              トラックと変わりないですよ!と言われましたが

              トラックの運転席すら乗ったことがない私ですので、大興奮・ラッキー(^_-)-☆

              消防車の効用はまだあり、高速道路であおり運転をされなくなったそうです

               

               瓦の話

              瓦屋根の家が少なくなると同時に、瓦の工場も職人さんも1/3に減少したそう

              そんな中での大災害、瓦も職人さんも不足していて、工事日程のやりくりが大変だそうです

              ご苦労様です

               

               何はともあれ、腕の良い職人さんに、ガッチリ屋根の修理をして頂きました

              ありがとうございました!感謝!

               

              大嘗宮

              2019.12.04 Wednesday 22:02
              0

                JUGEMテーマ:紅葉

                JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                JUGEMテーマ:クリスマス

                 

                 

                 

                 青空で 清しさアップ 大嘗宮

                 

                 皇居の東御苑で、大嘗宮が公開され、乾通りの紅葉見物と同時に参観出来るのを知り

                友人と二人で、一生に1度のチャンスだから…と、出かけました

                混雑覚悟、どれだけ待つかは出たとこ勝負、お喋りしながら待てば良いわね!と

                 

                 10時に大手町駅着

                案内に従って並びましたが、意外と渋滞なしで、荷物検査もすんなり通過

                その先で、乾通りの紅葉見物をして、途中の西桔橋を渡り大嘗宮一般参観経路へ合流するコースと

                大嘗宮一般参観経路に直接行くコースに分かれます

                大部分の人が紅葉見物から大嘗宮への方に移動〜私たちも(^_-)-☆

                意外と殆ど立ち止まることなく順調に進みましたが

                そろそろ大嘗宮が見えるような位置に来た時点で、とうとう渋滞が始まりました

                仕方ないですよね、ここまで1時間位で到達出来たこと自体、ラッキー!なのですから

                 

                 ノロノロ進み、いよいよ大嘗宮の正面に到達

                ようやく着いたのに、立ち止まらないで下さい!って、言われるのは想定内だけど

                警官が正面に立ちはだかっているのって、ウ〜ン

                でも立ち止まって写真は撮って来ました

                パワースポットだそうで、神様がおりられる所、青空に恵まれ、清涼なイメージの大嘗宮でした

                日本の原点がある大嘗宮に居る事で、勝手な感想ながら、皇室との距離が少し縮んだような…

                 

                 帰りは、大手門から退出するつもりだったのですが、大渋滞との案内で平川門から出ました

                12時位だったでしょうか?2時間で参観し終わったのは、想定外のスピードで良かったです

                東京駅まで歩き(遠かった〜)、山手線に乗り

                 

                 

                 

                 同行した関西出身の友人を案内して恵比寿ガーデンプレイスへ

                こちらでは、クリスマスツリーと、バカラのグラスツリーを観て、スマートなクリスマスを楽しみました

                そして、ランチ

                ガーデンプレイスタワー38Fの鳥幸で、限定25食と書いてあったのでダメ元でオーダーした焼き鳥重がOKで(*^^)v

                コスパ最高!美味しかった!本当に運が良かった!

                 

                 天候にも恵まれて、嬉しく元気になった一日でした

                令和が穏やかな時代であることを、心から祈っております

                 

                 総歩数    18536歩

                 3METs以上 10046歩

                旧中山道 馬籠宿から妻籠宿と、香嵐渓・小原の四季桜 ハイキング 最終日

                2019.11.22 Friday 17:22
                0

                  JUGEMテーマ:季節の出来事

                  JUGEMテーマ:ハイキング

                  JUGEMテーマ:一人旅

                  JUGEMテーマ:うれしかったこと

                  JUGEMテーマ:紅葉

                   

                  待月橋

                   

                  香嵐渓広場

                   

                  一の谷

                   

                   滅多ない 青・赤・黄に 恵まれて! 

                   

                    2日目、7時半ホテル前バス集合し、香嵐渓へ向けて出発

                  毎年紅葉の最盛期には大渋滞で現地に到着できない…なんて言う噂を多々聞いていましたので

                  朝早くに豊田市内からの出発とは言え、今日は大丈夫なのかしら?とちょっと心配でした

                  が、杞憂に終わり、なんと8時には香嵐渓着!首尾上々(*^^)v

                  本日も晴天なり〜出来過ぎの天候(^_-)-☆

                   

                   待月橋を渡った所で解散したので、へそ曲がりのワタクシ、普通なら右回りでまずは香積寺に行く所

                  左方向へ〜もみじのトンネルを通り飯盛山山頂を目指しました

                  上るのが苦手な私、配られた案内図に

                  香積寺経由で飯盛山に上る経路に「道が険しい」と書いてあったので、避けたかったのと

                  なるべく人が少ない方を選んで、静かに紅葉狩りをしたかった!の

                  二つの目的があったのですが、これが失敗!

                  カタクリの群生地になっているので、登山道は階段状に整備されていましたが

                  段差が凄くて私の短い脚では届かずハ〜ァ(._.)

                  香積寺から上った方が楽だったと後から知りました

                  でも何とか飯盛山の山頂に到達!

                  求めた静寂の中で、素晴らしい朝日の中の紅葉を観ることが出来ました(^^)/

                  まずは達成感!大満足!でしたが、ここでまた方向音痴の私、二つ目の失敗(._.)

                  香積寺方向に降りたつもりだったのに、山を降り切っても何故かお寺がない!?不思議!?

                  車道まで降りて、目の前の酒屋さんに飛び込み、ガイドマップ差し出し

                  「私のいる所、どこですか?」と訊いたところ、指差された場所はお寺とは180度反対方向(>_<)

                  山頂で3方向に分かれていたのに、思い込みで違う方向に進み…だったせいでした(..)

                  如何にも私らしい阿保さ↓でした

                   

                   足助城に行くのは諦めて、酒屋さんで教えて貰った通りに進んで香積寺方向に向かいました

                  その後は香嵐渓広場・香積寺・一の谷へと進んで、紅葉をた〜っぷり楽しみました

                  本当に素晴らしい紅葉!

                  紅葉って、陽の光が当たるからこそ輝くのだと、心底実感しました

                  バスに戻る前に、香嵐渓広場でしし汁(豚汁の猪版)食べて

                  ししカツと鮎炊きごはんの焼きおにぎり買って、バスに戻りました 

                  迷子にはなったものの、それだからゆっくり私らしい楽しみ方が出来たのだと、大満足の香嵐渓でした

                  さて次は小原の冬桜を観に向かいます

                   

                  川見の冬桜

                   

                   香嵐渓へ向かう反対車線の車の大渋滞を横目に見ながら、スイスイ小原の四季桜まつり会場着

                  香嵐渓があまりに素晴らしかっただけに、ウ〜〜〜ン

                  お花見と言うよりは、お祭り会場と言う雰囲気〜ちょっと違うかな〜ぁ…(ごめんなさい)

                  期待していなかったからマ!イッカ!(失礼)

                   

                   小原をサラッと後にして川見(せんみ)へ

                  ここは小原地区で四季桜が一番多い地区で、一山に四季桜が1200本植林されています

                  四季桜が咲き誇る中に、紅葉・黄葉が点在する景色にみとれながら片道15分ほどの山を登り

                  この時期にしか味わえない景色〜青・紅・黄+淡桜の競演〜に、感動しました

                  クラツーでは、昨年までバスの車窓から観覧するだけだった川見の四季桜会場に

                  立ち寄るのは初めての企画だそうです

                  バスの駐車場がなかったからだそうですが、今年から整備されたそうで、ラッキー‼‼

                  売店も素朴で、地元の農家の方たちが、手作りの物を出品していて(^^)/

                  こういうのって大好き!!

                   

                   後ろ髪を引かれながら、再びバスに乗り茅野へ

                  中央本線に乗って帰ります

                  奇跡的に好天に恵まれたラッキーな2日間でした

                  本当に楽しかった(^_-)-☆

                   

                  20日の総歩数 20230歩

                  3METs以上  15363歩

                   

                  旧中山道 馬籠宿から妻籠宿と、香嵐渓・小原の四季桜 ハイキング 初日

                  2019.11.21 Thursday 14:58
                  0

                    JUGEMテーマ:一人旅

                    JUGEMテーマ:ハイキング

                    JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                    JUGEMテーマ:紅葉

                    JUGEMテーマ:うれしかったこと

                     

                     

                     運が良く 木曽路を歩き 想い馳せ 

                     

                     19日・20日の1泊2日のクラツーのツアーに参加して、木曽路・香嵐渓・小原を旅して来ました

                    この秋は是非とも香嵐渓で紅葉を楽しみたいと思い、ツアーを探し始めたのは7月頃

                    香嵐渓+α の1泊2日の旅のプランが沢山あるうち

                    αの部分が木曽路とセットになっているこのツアーが

                    私にとっては最高のプランと即決し

                    この企画の初日の19日出発のツアーに決めました

                    ちなみに、このプランの他のツアーも、すべて満席です

                    しかもこの参加したツアーでは、42人中22名が一人旅と言う異例な状態(@_@)

                    木曽路(馬籠〜妻籠)に魅力を感じたのは(私の記憶が正しければ…ですが)

                    中学3年の時に教科書に載っていた藤村の「破戒」がきっかけで

                    藤村の小説をいくつか読み,いずれ木曽路を歩きたいと思い続けていたからです

                     

                     まずは中央本線で茅野まで、バスに乗り換え馬籠宿まで2時間で馬籠宿に着きました

                    馬籠宿は、かつて長野県木曽郡山口村に属していましたが、2005年に岐阜県中津川市に編入され、現在に至ります

                    明治と大正の2度の火災で古い町並みは消失しましたが、その後復元され、現在の姿になりました

                    石畳が敷かれた坂の両側にお土産物屋さんや宿が並び

                    一般の家でも古い屋号の表札を掲げて居たりして、宿場の雰囲気を出しています

                    馬籠宿の中間地点には、旧本陣だった島崎藤村の生家跡が、今は藤村記念館となっています

                     

                     今回のツアーは、馬籠→妻籠 つまり中山道を京都→江戸への方向へと歩きました

                    理由は、馬籠宿(620m)→馬籠峠(790m) 2kmで標高差170m

                    馬籠峠 →妻籠宿(430m) 6kmで標高差360m

                    だらだら坂よりも、急坂を上った方が楽だから…だそうです

                    結構急な登りで、上りが苦手な私、這う這うの体でした

                    歩くのが嫌な人は、1日数本路線バスが隣の車道を走っていて

                    乗って移動も可能でしたが、頑張って上りましたよ〜ぉ!

                     

                     馬籠宿を過ぎ人家が無くなると、藤村の「夜明け前」の書き出しにある通り

                    「木曾路はすべて山の中である」と言う風景に変わって来ました

                    丁度紅葉の時期、歩き始めたのがお昼過ぎだったので

                    木々に直接陽の光や木漏れ日が当たって葉っぱが輝き、それはそれは見事な光景の山の中の木曽路でした

                    1時間で馬籠峠、更に2時間歩いて妻籠宿に着きました

                     

                     写真は妻籠宿です

                    馬籠宿に比べて妻籠宿の方が、街並みが古い印象

                    平坦な道沿いに商店が並んでいるので、覗き歩きながら買い物がしやすい感じでした

                    おやき(クルミ餡)と五平餅を食べ、老舗の澤田屋で栗きんとんと柿と栗 の名物お菓子をお土産に購入

                    短い滞在時間でしたが、妻籠に相応しい過ごし方が出来たのではないかと…

                    そして宿泊地の愛知県豊田市へ向けて出発しました

                     

                      19日の総歩数 23100歩

                     3METs以上 21465歩

                    ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

                    2019.11.17 Sunday 22:56
                    0

                      JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                       

                       再会し コレクション共に 喜びて 

                       

                        横浜美術館開館30周年記念

                       オランジュリー美術館コレクション

                       ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

                      と言う長い名前の美術展を、友人と二人で鑑賞しました

                       

                       オランジュリー美術館は

                      マチス、ピカソ、セザンヌ、モディリアーニ、ルノワール、ユトリロ、ドランなど

                      印象派、ポスト印象派の傑作が多く展示されています

                      元はチュイルリー宮殿のオレンジ温室(オランジュリー])だった場所ですが

                      1927年に、モネの『睡蓮』の連作を収めるために、美術館として整備されました

                      その後1965年に美術商ポール・ギョームの妻であったドメニカ・ギョームによってフランス政府に寄贈され

                      後にオランジュリー美術館の核となる144点の絵画〜ポール・ギョームのコレクション〜の

                      散逸を防ぐための美術館でもあります

                       

                       ポール・ギヨームは始めはアフリカ美術に惹かれ、アフリカ美術展を最初に開いたひとです 

                      1910年頃アポリネールに見出され、

                      その繋がりでシャイム・スーティン やモディリアーニ らを発見することになりました
                      若干23歳の時に画廊を開いた彼は

                      当時まだ世間的に認められていなかった個性的な画家達の作品を、広く世に知らしめて行きました

                      ギヨーム自身は絵の勉強をしていなかったために

                      “良いものは良い” という感覚で収集していった結果、幅広いコレクションになったそうです

                       

                       写真は、最後の方の展示

                      オランジュリー美術館にある

                      この画商のアパルトマンをかわいらしいミニチュアで再現した物です

                      傑作の溢れる空間〜まるで美術館の様〜の中に生活しているのが日常だったと言うのが

                      何とも信じられないと言うか、羨ましいと言うか…
                       

                       他のコレクション展と違う所は

                      ポール・ギヨームが特に資産家の家に生まれ育ったわけでもなく

                      でも反ってそれが既成概念に捉われずに”良いものは良い”と言う自分の感性〜恵まれた才能〜を

                      開花させる結果になったのではないかと、思いました

                      そしてまた、このような芸術に出会えるチャンスに恵まれていた時代だったのではないかとも思いました

                       

                       今回の美術展は、私にとって いつもの美術展とは一味違う感激を味わえたような気がします

                      オランジュリー美術館に行ってみたいな!

                       

                       おまけのグルメ

                       

                       ロイヤルパークホテル、B1Fのフローラで頂いた

                      美術展とのコラボランチです

                      一つ一つのお料理は、12人の画家たちの作品を表していると説明されたのですが

                      記憶になく、ただただ美味しく頂きました(笑)


                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>
                      watch
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM