誕生会

  • 2019.02.23 Saturday
  • 18:24

JUGEMテーマ:うれしかったこと

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 家族みな 雛も加わり 誕生会

 

 今日は母の86歳の誕生会をしました

親族はひ孫5名を含めて総勢20名出席〜賑やかでしたぁ!

今回は、母と一緒にお鍋を囲みました

寒い時期だし、  母とお鍋を囲むチャンスって今後もなかなかないと思って…

ひ孫たちからプレゼントを渡されて感激していた母、まだまだ大丈夫(*^^)v

身も心も暖まりました(*^^)v

 

 写真のお雛様は、母の昔の知り合いの手作りです

たくさん贈って下さったので、一対をお世話になっている施設に寄付したところ

こんなに立派に飾って下さいました

周りに小物を揃えて下さり、緋毛氈を敷いて下さったり、屏風はスタッフの手作りだそう

大切に思って下さる温かい気持ちが有難く、感激しています

 

 みんなにお祝いをして頂いた暖かい誕生会となりました!

また来年もこんな風に迎えられますように!

 

 

 

 

 

ローストチキン 対 ちらし寿司

  • 2019.02.11 Monday
  • 19:54

JUGEMテーマ:家族のこと

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:うれしかったこと

 

 

 孫たちに 遺したい味 ちらし寿司

 

 今日は長男一家が押し寄せてきました(笑)

子供3人一家5人となると、まさに押し寄せて来た!と言う感じで、嬉しい悲鳴を上げ

 

 ランチ・メニューは定番の主人のお手製のロースト・チキン

に加えて、私は何を作ろうか…と頭を悩ませた結果

お雛祭りも近いし

孫たちの記憶に遺せたら良いな〜ぁと思って「ちらし寿司」を作ることにしました

私は、ちらし寿司は一番孫たちに伝えたい家庭の味だと思っています

尤も、お料理を代々受け継いで行くのは、母系なのでしょうけれど…

私のちらし寿司も母の味です

 

 結果は想像通りローストチキンの大勝!

チキンはもうしっかり上の2人の孫たちの記憶の中に存在していて

ロースト・チキンがあれば他には何もいらない感じです

主人鼻高々!

 

 早産で生まれた汐里は1歳半となり、その目覚ましい成長ぶりに目を見張りました

もう早産のリスクからは解放された感じがして、ホッと安堵

一家のアイドルとしての存在感は大きいです

よく喋り!「美味しい美味しい」と言いながらよく食べ!よく動く!

色々な物に興味を示して「なにこれ?」

笑顔一杯の汐里から、たくさん!たくさん!パワーをプレゼントされた感じです

 

 ただ、相変わらず人見知りから卒業できず

お祖母ちゃんは、大粒の涙を流して抱っこを拒否されるのが悲しいです

いつになったら笑顔の汐里を抱っこできるかしら?

 

 

節分

  • 2019.02.03 Sunday
  • 22:42

JUGEMテーマ:季節の出来事

JUGEMテーマ:節分

 

 

 

  初参加 福豆GET! 亥年寺

 

 今日は節分

年初に今年の干支のイノシシに縁があるお寺をネットで調べて

お詣りに行きたいな〜ぁ!と思っていた徳大寺で、節分行事の福豆まきがあると知り行ってきました

 

 摩利支天徳大寺は、上野広小路〜賑やかな御徒町の商店街の中〜にある日蓮宗のお寺です

日本三大摩利支天のひとつとして、江戸時代から、聖徳太子の御手彫りと伝わる摩利支天像をお祀りしています
摩利支天(マリシは「威光・陽炎」の意)とは仏教を守護する天部の神で

参詣祈願の人々に「気力・体力・財力」を与え、「厄を除き、福を招き、運を開く」のだそうで

最も霊験のある守護神であると伝えられています

摩利支天と猪との関係は、そのお姿が猪の背の上に立つことからで、ご縁日が亥の日とされてきました

 

 亥年・好天・日曜日 の好条件が重なり、狭い境内は人で一杯!

お寺でも初めての混雑だそうで、怪我される方がない様に消防団などが出てかなり警戒されていました

 

 1時半開始の予定通りに鐘がつかれましたが、お清めと厄払いの儀式が始まったのは既に2時頃

待ちくたびれた感じがしていたのですが、念入りにお経が唱えられているのを見聞きしながら

何かお豆と一緒に身も心も清められて力が湧いてきたような…

そしていざ豆まきスタート!ゲストの歳男は元高見山関と豪風関です

大きな袋や箱を持って来ている準備万端の人たちを見て気押され

福豆は拾えなくても、初めての豆まきの行事参加だから、雰囲気だけ味わえれば十分!と思いながら

いざとなると闘争心むき出しのワタクシ、撒かれる小袋入りの福豆拾いに没頭

御利益がありそうな福豆を4袋拾えました(*^^)v

これで十分、大満足!

 

 帰りにデパ地下で、散々迷った挙句、恵方巻を買いました

デパ地下全てのお店で…と言っても過言ではない位色々な物が巻かれて売られています〜商魂逞しい

でも食品ロスに繋がりませんように!

限定に弱い私、お豆腐屋さんでも巻物を買ってしまいました(笑)

 

 明日は立春

早く本格的な春が来ますように!

キルト・フェスティバル

  • 2019.01.25 Friday
  • 21:35

JUGEMテーマ:友達のこと

JUGEMテーマ:うれしかったこと

 

 父想う 心が動かす  針と糸

 

 友人からの年賀状で

毎年東京ドームで開催されるキルト・フェスティバルに出展した事を知り、観に行ってきました

 

 作品名は「父を想う」

コメントには「8年前に93歳で逝った父が退職後に独学で刻んだ獅子頭を作品にしたくて挑戦しました

度々、親友と旅する京都、嵯峨野の竹林を背景に父との想い出をかたちにしました」

 

 エネルギッシュで何事にもひたむきに挑戦する創造性が高い彼女らしい作品でした

1日8時間針を持ち、9か月で仕上げた作品だそうです

獅子頭の表現も勿論、竹も1本1本違う表情をキルトで点けてあります

作品の前に立ち、お父様への尊敬と愛情が彼女を突き動かしたのだと思い

素敵な親子関係だと感激して立ち尽くしました

 

 この作品の前で立ち止まる観客の数が多かったのが誇らしく

「私の友人の作品です!」と、言ってみたくもなりました(笑)

 

 ドームのキルト・フェスティバルに行ったのは何年ぶりでしょう?

思い出せない位前です

以前キルトは私の大好きな趣味でもあったのですが、最近では集中力・視力・根気 全て減退

糸も針も細いものを使うので、針穴に糸を通すのが困難になり

縫っているより長い時間が掛かり、目が悪くなったことにして遠ざかっています

 

 今回キルト・フェスティバルを観覧し、最近のキルトの方向!進化!を初めて知りました

以前に最後に観たキルト・フェスティバルでは、この方向に進むのだったらパス!と思って

その後遠ざかって不勉強していたので、目から鱗でした

 

 良い刺激を受けたいと思って行きましたが

もう私の感性と技量では今のキルトには追い付けない!手が届かない!と

引導を渡された気分が反って心地よく!

でも、途中で放り出した作品を中途半端な形のまま遺したくないので

終活の課題として仕上げようとは心に誓いました

 

 

 

 

 

 

芭蕉

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 22:21

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 

 いとおもろ! これは実かと 思いきや

 

 T病院分院の中庭にある芭蕉の木

長年通っている病院なので、芭蕉(ジャパニーズ・バナナ)の木があるのは知っていたのですが

今日初めてこんな実(?)が成っているのをみつけて

思わず寒い中庭に出て興奮気味に写真撮りました

 

 帰宅後早速芭蕉についてネット検索

昔はよく庭先に植えてあるのを見かけていた植物ですが、今は数が減っていますよね⁉

葉が大きく、日差しを遮るので、凶木とされているそうです

なかなか思うような検索結果は得られませんでしたが

それでも色々興味深い記事がありました(^^)/~私好み

 

 芭蕉の花は、夏に一つの株に雄花と雌花を別々に咲かせます

上のバナナみたいな房部分(枝)は雌花があったところで芭蕉の実

つまりバナナだったら、この部分に成ります

そこから先全部花茎(花序)で、その先端が苞と呼ばれるもの

雄花はこの苞の一番外側の1枚が捲れた中に咲きます

咲いてはすぐに苞と共に落ち、そのはがれたあとが蛇腹状に残って伸び

花茎〜葉はつけず、花のみをつける茎のことをさす用語〜となります

実だと思ったのは、苞だったのです

 

 雄花が咲くたびにこの花茎が伸びて行くのは

他の株の雌花が受粉しやすい様に!だそうで…

お互いに助け合いながら種の保存をしている植物なのです

バショウ科バショウ属の芭蕉は、木ではなく大型多年草

松尾芭蕉の自宅の庭にはこれが植えられてたらしいです

当時は珍しかったでしょうね!

 

 水芭蕉は有名ですが、水芭蕉はサトイモ科、芭蕉は芭蕉科の植物です

名前も似ているし、苞もあるから同じ科かと思ったのですが…

興味深い植物をみつけたので、次は是非夏に花が咲いている芭蕉の写真を撮って来たいと思っています

 

寒中お見舞い申し上げます

  • 2019.01.21 Monday
  • 22:25

JUGEMテーマ:季節の出来事

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 待ち鳥来 我が家の定番 冬景色

 

 この冬も馬鹿の一つ覚え

〜傷んだミカンを梅の枝に挿し、小鳥が啄みに来るのを待つ〜

を楽しんでいます(^_-)-☆

 

 昨日挿したミカンをつついているメジロです

最初はミカンを外側の枝に挿したところ、ヒヨドリが来て食べ始めたので慌てて追い払い

枝が混んでいる内側の枝に挿し替えました

 

 カメラを構えて待っていても、思うようには鳥はやって来ませんし

人の気配を感じれば、あっと言う間に飛び去ってしまいます

大抵つがい(?)でやって来るメジロ

ミカンを食べながらも、周囲の気配に警戒している様子です

 

 徒然なるままに、鳥が来るを待ち

写真撮りて、ブログに載せる

こんな事が私の冬景色でもあります

 

 

 

 

どんど焼き

  • 2019.01.13 Sunday
  • 13:05

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

 

 

 手作り感 満載どんど 感謝して!

 

 今日は町会の主催で、近くの公園のグランドでどんど焼きが行われました

毎年行われ、かなりの回数を重ねていますので、ノウハウは蓄積されているのでしょうけれど

それにしても結構本格的で大がかりなので大変です

全ての段取りと下準備をして下さるのは役員さん

その指示に従ってお手伝いするのが組長さん

 

 暮のうちに植木屋さんに切って貰った枝を、あられ餅を挿せるように切りそろえておきます

そして当日朝早く集合して

枝にお餅を挿す担当は女性

どんど焼きをするやぐらの竹(役員さんが昨日切り出して下さったそうで)を組む担当が男性

準備が整う9時半を過ぎになると、町内の方が門松やお飾りやお札などを手に続々集まって来て賑やかになります

消防署と消防団の人立会いの下、今年も無事に10時着火

勢いよく燃え尽き11時に鎮火後、配られていたあられ餅の枝をかざして焼きました

子供から大人まで大勢の人が楽しみます

年々失われつつある日本の伝統的な行事が

このような形で次世代に受け継いで行かれるのはとても良い事だと思います

 

 実は私、毎年どんど焼きには門松などを持って行くものの、着火するのを見守りすぐ帰宅

あられ餅を頂いて焼いたのは今年初めなのです

人生初めての体験をさせて頂きましたヽ(^o^)丿

 

 数日前には霙と言う天気予報が出ていたので、どうなる事やら…と気を揉んでいましたが

毎年町会のどんど焼きの日は抜けるような青空に恵まれることが多く

今日も霙は杞憂に終わって、晴天に恵まれました!

皆さんの心掛けが良いのですね!

心の籠ったどんど焼きに感謝!

 

初詣

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 22:28

JUGEMテーマ:願い事

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

 ボケ封じ 観音様に 惹かれ行く

 

 今日は福泉寺に初詣に行ってきました

福泉寺は、長津田にある真言宗のお寺です

 

 初詣はこの新春3回目

行った最大の理由は「ボケ封じの楽寿観音様」へのお参り

お札に書いてある通り

足元のお爺さん、お婆さんの頭を撫でながら

「どうぞ!惚けませんように!」と必死で祈願しました

 

 そして、今まで色々なお寺さんで頂いたお守りやお札などを収めて来ました

頂いて来てから1年で納めるべきなのですが、なかなか納めるお寺がみつからず、いつまでも持ち続けていて…

真言宗のお寺に納めたので、供養して頂けることと思いホッとしています 

 

 今年は新年の祈願と共に

一つずつ肩の荷を下ろして行く初詣でもあります

 

初詣

  • 2019.01.06 Sunday
  • 21:42

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

 年始め ここに来てこそ 初詣

 

 今日は午後から実家へ行きました

仏壇にお参りして、近所の神社へ初詣

子供のころから神社と言えばここ

勿論元旦に自宅近くの神社に初詣に行ったので、新春2回目の初詣

何故かやはりここに来ないと、忘れ物をしているようで、落ち着きません

 

 今日は曇っているので富士山は見られず、丹沢山塊が見えるのみ

それでも遠くの山が見通せるのは、気持ちが良いです

 

 亥の年、もう猪突猛進出来る年齢ではないので

せめて見通し亥く、穏やかに前に進める年でありますように!

 

 

 

新年会

  • 2019.01.03 Thursday
  • 19:43

JUGEMテーマ:家族のこと

JUGEMテーマ:正月(三ヶ日)

 

 1913新年会.png

 

 母連れては 横浜遠く なりました

 

 今日は横浜の崎陽軒本店で、母を囲んで親子四代総勢22名が集い、新年会をしました

美味しく!楽しく!賑やかに!和気あいあいと!

体調不良や、仕事の都合がつかずやむなく欠席の人もいて、なかなか全員勢揃いとは行きませんが

22名も集まってくれて新年をお祝いできることに感謝!

大きくなった孫たちとは、久しぶりに会うので、誰が誰やら分からなくなってしまっていても

それでも母は大喜び!でした

お祝いコースのお料理も、新鮮で珍しい食材を使った美味しいお料理が並び

こんなにたくさん食べ切れないわ…などと言いながら完食しました(笑)

特製デザートのババロアが、愛嬌のあるイノシシの形、みんな食べるのが惜しくなってしまったりしながら

最後は母の挨拶でお開きとなりました

 

 実は車で往復約1時間の道のりと、約2時間の宴会、計3時間余りの時間が無事に過ごせるかどうか…

母の体調にちょっと事情があり、ハラハラ・ドキドキ緊張の連続

先手必勝作戦で母を誘導し、結果的には「案ずるより産むがやすし」に終わったのですが…

昨年は無理だろうと判断して、別の会場で行ったのですが

今年はラスト・チャンス!かもしれないと、元に戻して崎陽軒本店での宴会に踏み切りました

終わり良ければ全て良し!

いえいえ、新年会良ければ全て良し!でした

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM