あさがお

  • 2019.11.10 Sunday
  • 22:17

 

 

 狂い咲き 何故芽が出たの? 不思議!不思議!

 

 これ朝顔ですよね⁉葉っぱを見ても花を見ても

花は今朝咲いたのか?これから咲くのか?

晴天続きとは言えもう11月なので元気なく

 

 何故庭の隅から朝顔の芽が出たのか不思議です

私はこの数年朝顔の種を蒔いていないので(・・?

鳥が撒いて行ったのかも?

それにしても、この時期芽を出して花を点ける?

流石に蔓は伸ばせず…ですが

でもまだ下の方に蕾あり

花を咲かせる事が出来るのかどうか?期待せずに観察を続けます

カマキリと言い、朝顔と言い、季節外れの昆虫や花との遭遇が多くて

何かの予兆?

やはり地球の気候が狂っているのかと、どうにかしなければ…

 

かまきり

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:04

JUGEMテーマ:昆虫写真

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

 庭の主 遅まきながら 挨拶し

 

 毎夏庭に、カマキリが決まって1匹だけ姿を現します

どこで代々の命を繋いでいるのか?分かりません

どころか、前の年のカマキリの子供なのかどうか?という確証はないのです

でも私は、きっと命を繋いで来ているのだろうと、信じています

 

 ところが今年は姿を見かけず

あ〜ぁ!今年はとうとうカマキリを見なかったわね〜

消えてしまったのね…とガッカリしながら話していたのですが

そんな矢先の今朝、雨戸の桟に張り付いているカマキリを発見(@_@) 

もう11月だと言うのに、体は茶色ではなくまだ緑色

でも動きは鈍く、ジ〜っとしたまましばらく動かず…

もう秋だものねぇ…、動けないわよねぇ…なんて思っていましたが

眼を離したらいなくなっていました

ちゃんと命を繋いで、来夏も姿を見せてくれるのかしら?

待っています‼

もうクリスマス・ツリー!?

  • 2019.10.28 Monday
  • 22:14

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

 神無月 ツリーの用意 大人の街 

 

 久しぶりの恵比寿、ガーデンプレイスにて映画鑑賞!

都会はどこもかしこもハロウィーンの飾りつけで賑やかなのかと思いきや

ガーデンプレイスに着いて最初に見たのは、工事中のツリーでした

ハロウィーンの飾りは殆どなし〜大人の街だわ!と、ちょっとホッとして…

 

 しかし、もうクリスマス・ツリーの準備!?

11月2日に点灯だそうです

気ぜわしい季節がやって来るな〜ぁ!とフト思う私〜夢がないな〜ぁ〜歳のせいね(笑)

けど、楽しみますよ!クリスマス(^^)/

 

 

 

ラマンチャの男

  • 2019.10.21 Monday
  • 22:44

JUGEMテーマ:うれしかったこと

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

 

 見果てぬ夢 実現した夢 運良きて

 

 今日は待ちに待った「ラマンチャの男」の観劇の日

松本白鵬主演の「ラマンチャの男」は一生に一度で良いから絶対‼に観たいと

かねてから切望していました

チケットが取れた時は本当に天にも昇る気持ち!でした

実は4年前にチケットをGETしたものの、事情があってで行けなくなり

泣く泣く諦めました、本当に泣けました

それから4年も待っての観劇

もう上演されないのかも…?と不安になっていた所でした(^^)/

 

 上演前に、今日は特別なカーテンコールが準備されているとの放送がされました

ナ・ナ・ナント!1300回記念公演だったのです

舞台を十分楽しんだ後、のカーテンコール

こんなラッキーな巡り会わせを享受して、本当に良いのだろうか?

当に一生に1度の観劇!感激!

感激屋の私、もう涙が止まらなくて…

写真は勿論禁止だったのですが、心に焼き付けて来ました

一生の宝物です

 

 この舞台を維持し続ける事はどれだけ大変だった事か!と心底感じています

継続は力なり 

パンダ

  • 2019.10.17 Thursday
  • 20:13

JUGEMテーマ:うれしかったこと

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

 

 

 シャンシャンが こっち向いたの リベンジす

 

 友人と上野動物園に行きました

目的は勿論シャンシャンです

JRの公園口改札に近い入り口から入ると、目の前にパンダ舎があり、迷うことなく目的地到着

今日は30分待ちだそうで〜長すぎず短すぎずで丁度良い待ち時間かも

 

 上野動物園行くのは、昭和47年に初来日したパンダ〜カンカンとランラン〜を同級生と観に行って以来です

一緒に行った同級生たちと、今でもその時の様子〜散々並んだ挙句、何も見えなかった〜が話題になります

子供と保護者が前列、大人は後列、押すな!押すな!の大混雑の中

「立ち止まらないで下さい!立ち止まらないで下さい!」と繰り返し放送され

チッコイ私は、人垣のほんの僅かな隙間から、背中向けて寝て居るパンダらしき物がチラッと見えたかな? でした

 

 さて今回は、リベンジできるのでしょうか?

期待が高まりいざ出陣‼‼

最初はシャンシャン

結構余裕があったのと、前列の子供+保護者の段より後列の大人の段に高低差あったので

チッコイ私でも、パンダ舎の中はちゃんと見渡せる感じでした

どこにいるんだろう?と思ったら、隅の台の上で背中向けて寝ていて…

また背中!?と思った瞬間こちらを向いてくれました〜ありがとう!感激!

「立ち止まらないで下さい!」の放送の中

立ち止まって写真を撮りました、ごめんなさい

デジカメ持って行って良かった!正解です

次のリーリー(母親)は不在

最後のシンシンは、同じコースを回って動いていましたが

奥の方だったのであまり見えず…でした

兎にも角にもリベンジは果たせて(*^^)v

 

 もう一つ

知らずに行ったのですが、西園と東園を結んでいるモノレールは

11月1日から運行が休止になるそうで、最初で最後の乗車になりました

 

 上野動物園をゆっくりたっぷり歩いて回って、色々な動物を観て

帰りは湯島天神にお参りして 総歩数 13151歩 でした

 

  • 2019.10.14 Monday
  • 22:20

JUGEMテーマ:うれしかったこと

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物

 

 

 剥けなくて いまいちの出来 渋皮煮 

 

 友人からお裾分け…と、生栗を頂きました

栗ご飯が食べたかったけれど、生の栗を剥くのは大分ハードルが高くてパス

ネットで検索した所、茹でてから簡単に剥ける方法が出ていたので、甘露煮にすることにしました

 

 まず、ナイフで縦に切り目を入れます

ひたひたに水を入れて強火にかけ、2分間沸騰させ、冷水にとって10分間冷まします

で、ここで渋皮までツルン!と剥けるはずだったのですが…

本当に綺麗に剥けた写真も載っていたのに、実際に剥けたのは外側のみで(._.)

何個剥いても全て同じ様にしか剥けなくてガッカリ

何が悪かったのでしょうか…?

栗のせいか?

切れ目を深めに!と書いてあったので、もしかしたら渋皮部分まで切れ目が届いていなかったのかも?

 

 この段階で渋皮を剥こうか…と思ったのですが

ボロボロになってしまっては元も子もないと思い、諦めました

(というのは言い訳で、正直面倒くさくて端折った)

栗は渋皮がついていた方が、風味が増すと書いてあるレシピもあったし

結局渋皮煮にすることにして、蜂蜜と水を半々入れて煮ました

チョット煮過ぎたのか、栗のホクっとした感じがなくてウ〜〜〜ン

でも、渋皮と栗が一体になっているので、渋皮は気にならず なのは何よりです

黒い皺だらけの栗を見ていると、自分の顔に見えてきたりして↓

失敗作と言うほどではないのだけれど、いまいちイメージと違う出来でした

また機会があったらリベンジしてみます

 

 今日栗に挑戦しようと思ったのは、台風19号が接近していて、雨が降り始めたから

明日は大荒れの天候になるそうです

出来れば東に進路を取って欲しいけれど、直撃免れないのでしょうか?

どうぞ、被害が少なく済みますように!心からお祈りしています!

落花生

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 21:15

JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:うれしかったこと

 

 

 落花生 ギッシリ実った 殻の中

 

 10月になり、夏休みだった農産物の直売所が再開したので、久しぶりに行きました

秋の畑の実りが沢山並べられているのを見て、幸せ感に浸りながらお買い物(^^)/

いつものお野菜sの他、生の落花生も買い、早速茹でて殻を割ったら、実がギッシリ(*^^)v

香りも良く、目にも舌にも嬉しい秋の味覚でした

 

 

出羽三山〜羽黒山

  • 2019.10.05 Saturday
  • 16:40

JUGEMテーマ:一人旅

JUGEMテーマ:ハイキング

 

 

 山伏と 共に上りて プチ修行

 

 出羽三山 最後に訪れた羽黒山は標高414mで、山岳信仰の中心地です

開山は推古元年(592年)で、三山の中で最初に開山されました

頂上にあるのが出羽三山神社で、極めて珍しい合祭殿のパワースポット

〜月山神社、羽黒山神社、湯殿山神社の三神が合祭された三神合祭参集殿〜があります

というのも、月山神社も湯殿山神社も冬場は雪深く10月末には閉山してしまうため

出羽三山のお参りは標高が低いここ羽黒山の出羽三山神社にお参りすれば

三山にお参りするのと同じご利益があるとされているそうだからです

 

 出羽三山神社までは車でも上れますが、パワースポットの御利益は当然徒歩が上だろうと考えて

プチ修行だと思って山伏さんと一緒に2446段(日本1の段数)の石段を上る事にしました

出羽(いでは)三山神社の出発点にあるのが随神門(写真左上)で、ここからが出羽三山の神域です
随神門を潜り「継子坂」の石段を下ります

継子坂の下に並んでいるお社を過ぎ、右折して渡るのが朱色の神橋

神橋が架かる祓川には滝修行の場所があります

更に進んで左手に見えて来るのが、爺スギ

羽黒山では最大にして最古の杉で、樹齢は千年を越え、国の天然記念物です

以前はおばあさんの杉が隣に立ち、夫婦杉だったそうですが、残念ながら倒れてしまったそうで…

(ツアーの人たちと、もしかして残っているのは婆スギだったりして…と笑いあい)

 

 爺スギの奥に見えるのが、国宝の五重塔です(写真右上)

天皇陛下御在位30年、三神合祭殿再建200年を記念して 

150年ぶりに五重塔の扉が開かれ特別拝観が行われた昨年に引き続き

今年も令和に改元されたのを祝して特別拝観が行われていました

滅多にないチャンスに恵まれたのは、本当にラッキーでした(*^^)v

国宝の五重塔は東北では最古の木造建築で、平将門により承平年間(931年−938年)に建立され

その後文中元年(1372年)に再建されたと伝えられています

屋根の4隅が持ち上がっているのが特徴だそうで、雪深いのでこの形になっているとか…

スギ林の中に凛とした姿で立つ五重搭は本当に美しく、穏やかな気持ちになりました

 

 更に進むといよいよ本格的な石段が始まります

最初の難所が一の坂、三の坂まであるそうで(滝汗)

両側に並ぶ杉並木は(写真右下)合計で約600本の杉が慶長から寛永(1596年−1643年)にかけて植樹されたものだそうです

石段は全部手作りで、段差が低くて一定ではなく、本当に歩きにくく…

その石段の33か所におちょこや徳利の絵が彫られていますが、踏まれて大分薄くなっていました

既にヘトヘトの私の前に、一番厳しい二の坂が立ちはだかり…

後戻りは出来ないし、山伏さんからは大分遅れてしまって説明聞くどころではなく

ヒーヒー言いながら上って行った先に力餅!の看板が!

力餅の看板を見た途端に現金にも元気が出て駆け上がって二の坂茶屋さんに飛び込み

「持ち帰りは出来ないか?」訊いたところ、「季節外れの暑さなので衛生上無理」との返事に意気消沈(._.)

食べたかった〜おいしそうなお餅〜

ここ、二の坂を上り切った所が全体の中間地点だそうです

トボトボとなだらかな上り坂を上がって行った所に更に三の坂が出現しました

一番厳しい二の坂を上がり切れたのだから…と自分を叱咤激励しながらの上り

胸突き八丁で精神的には一番きつい坂だったかも知れません

 

 ようやく山頂へ到着!お待たせしました!

山伏さんに付いて上ったメンバーと合流して、頂上のお社などの説明を聞けました

本殿(写真右下)にて正式な昇殿参拝・祈祷を受けました

膝が笑っているのもご利益のうちだそうですが

御朱印帳なしの私は一番前の列に陣取って正座して(エライ!)ご祈祷を受けました

落ちこぼれながらも上り切った満足感と神聖なお祈りと…心洗われる気持ちでした

 

 1泊2日の旅もこれで終了です

2日とも晴天に恵まれ、予定通りにお参りが出来、本当に良い旅になりました

感謝!

 

 2日間の歩数合計 21860歩 でした 

 

 

 

 

出羽三山〜月山

  • 2019.10.04 Friday
  • 22:06

JUGEMテーマ:ハイキング

JUGEMテーマ:一人旅

 

  月山を 独り占めする 贅沢し

 

 2日目は午前中は月山、午後は羽黒山へ

遠刈田温泉から昨日と同じルートを通って山形県庄内地方へ

 

 月山の8合目駐車場までは、乗用車すらすれ違いが難しいほど狭くかつ曲がりくねった登山道です

対向車が来ませんように!と祈りつつ、ハラハラしながら、でも車窓の景色を楽しみつつ、観光バスで上りました

さすが!ベテラン運転手さんの運転は大したものです

観光シーズン等は、運が悪いと大渋滞し、片道2時間かかる事もあるとか…ですが

ほぼシーズンオフでしたので、30分ほどで上り切りました。ありがとうございました(^^)/

 

 今回のツアーは、珍しく(私は初めて)昨日からバスガイドさん付きでした

月山のこの登山道を、運転手さんだけで上るのは、危険だからだなのと、人数が多いからだと思いましたが

素晴らしいバスガイドさん!

淀みなく〜アンチョコ全く見る訳でもなく〜次々蘊蓄を話され凄い勉強家、でも決して邪魔にならず

凄い技だと感心しました

運転手さんとバスガイドさんの連携・心配りのプロフェッショナルの業に心より感謝しています<m(__)m>

 

 今回のツアーでの月山参拝は、月山八合目駐車場から徒歩約10分の月山中の宮に鎮座する御田原神社への参拝です

月山の本宮への登山は、片道3時間位の本格登山でようやくたどり着ける月山の本宮への参拝は難しいので

決して登山道には入らない様に!と念を押されました

 

 駐車場からちょっと上がったところに月山八合目 弥陀ヶ原があり、時計回りと反時計回り出来ます

御朱印を頂く人は、必ず時計回りをして先に御田原神社で頂いてから散策するように!との事でしたが

御朱印集めをしていないへそ曲がりの私、混んで居ない方を選択して反時計回りしました

清々しい空気を吸いながら、360度の大パノラマを見渡し、写真撮ったりしながらの〜んびり歩き

気付いたら周りには誰もいない!

こんなに広い所で、嘘みたいな贅沢!!!良運に感謝です!!!

 

 その後、月山への登山道との分岐点に至り、同じツアー参加のご夫婦が上り始めたのを見て

集合時間まで余裕が有ったので、ほんのちょっとだけ寄り道

月山本宮のご加護の元に入れた感じ、そんな気持ちになれて有難く感じました〜勝手ながら

 

 そして、御田原神社近くにある「なで兎」をなでて、悪運を払いのけてもらうのでしたが

なで兎は見て写真撮っただけ、撫でるものだと知らず…(._.)

 

 写真左〜月山八合目の鳥居から月山の頂上の本宮を見上げて

写真右〜月山八合目の草紅葉の向こうに鳥海山が見えているはずなのですが…

本当に素晴らい絶景の中、癒しのウォーキングを満喫(^^)/

 

 再びバスに乗って、三山最後の羽黒山へ

出羽三山〜湯殿山神社

  • 2019.10.03 Thursday
  • 16:21

JUGEMテーマ:一人旅

JUGEMテーマ:ハイキング

 

  出羽三山 生まれ変われたら 良いのだが… 

 

 出羽三山へ10月1日と2日の一泊二日の旅に出ました

以前から憧れを持ち、一度は訪れたいと願っていた地です

人気のツアーで、今回は満席の46人内一人旅の人が18名で、一人参加でも心強い!

まずは東北新幹線で郡山まで行き、観光バスに乗り換えました

 

 出羽三山は、羽黒山(標高414m)月山(標高1984m)湯殿山(標高1500m)の三つのお山からなります

開山は推古天皇元年(593年)

第三十二代崇峻天皇の御子蜂子皇子が、蘇我氏との政争から難を逃れるために海路を北上し、出羽国に入り、三本足の霊烏(れいう)〜やたがらす〜の導くままに羽黒山に登って山頂に祠を創建され、次いで月山、湯殿山と次々と開かれたそうです

 

 出羽三山は、「平安時代初期から「神仏習合」

〜「山の神」「田の神」「海の神」の宿る“神々の峰”であり(神道)

「羽黒派古修験道」の“根本道場”として、「凝死体験(ぎしたけいん)・蘇り(よみがえり)」をはたす山(仏教)〜
が長く続いてきた影響で

明治初年の「神仏分離」が実施されても未だ「神仏習合」の色彩が濃く遺されている様に感じられます

羽黒山では現世利益を、月山は過去〜死後の体験をして、湯殿山は未来〜新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山だそうです

 
 初日の1日は、福島県で降りて→宮城県を通過して→山形県の湯殿山へ直行しました
湯殿山は、「聞くなかれ! 語るなかれ!の 湯殿山」と言う事で
御神体が何か?どうやってお参りするのか?は秘密、行ってからのお楽しみ!だそうで
ただ、素足で御神体に直接触れながらお参りする事だけは知らされていました
勿論 大鳥居を潜った先は撮影禁止です
ここから庄内交通のバスに乗り換えて山頂まで行きます
(徒歩で登山もありですが)
何が待っているのかしら?
 御神体には時々、蛇〜神様のお使い〜がいる事があるそうで
会えたらLucky!だそうですが、同じツアーの方が抜け殻をみつけた以外は蛇とは遭遇せず…でした
(ちょっとホッとしてたりして)
 ご神体に関しては、湯殿山と言う名前からご想像くださいませ
湯殿山のお湯は、生まれ変わって最初に浸かる「産湯」だそうです
 順調に進んで、宮城蔵王にある遠刈田温泉のホテルに15時台に入り、初日の行程は終了しました
写真のようによく晴れ、山形市内は30度と言う気温、明日も良い1日になりますように‼‼
  今日の歩数 7216歩
3METs以上 4308歩
大したことないですね… 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM