白神山地2

  • 2018.09.30 Sunday
  • 15:25

JUGEMテーマ:旅行記

JUGEMテーマ:一人旅

JUGEMテーマ:ハイキング

JUGEMテーマ:うれしかったこと

 

 

 

  水・山・空 青に輝き 木々が映え

 

 今日は12湖〜全部で33湖を歩いて巡る予定です 

早朝4時半に目覚め「そういえば昨晩、部屋の窓から外の景色を観てなかったな〜ぁ」と思い出し

朝風呂に行く前にカーテンを開けた所、目前にそびえた岩木山の裾野が朝焼けで真っ赤!

予期せぬ美しい光景に、本当に幸せな気持ちになり(^^)/

写真を撮ろうと思ってトライしたけど、開かない窓ガラスが邪魔をして写せず残念!

多分方向が同じだと思い着き、スマホを持って露天風呂へ

木々の間から朝焼けは観えるものの、結局思うようには写せず…で、記憶に収めるっきゃないか…でした

 

 7時半集合し、12湖へ

私、実は五能線にも乗りたかったのですが今回のツアーでは叶わず残念に思っていましたが

バスはその五能線とほぼ並行して走る道路をひた走り

予期せず千畳敷などの海岸線の景色を楽しむことが出来て大満足(*^^)v  

途中の深浦は、漁港はマグロの水揚げ量日本一だし、農産物の人参も有名だそうで、マグロ屋さんが軒を連ねていました

地元産の名物は是非頂きたい!

 

 そして12湖の入り口〜日暮橋に到着して、ガイドさんバスに乗車

12湖は、江戸時代に地震で崩れ山が崩れた時に出来た湖です

山の上から数えたら湖は12だったので12湖と名づけられましたが、実際は地上には33湖ありました

今は森が成長したので、山の上からは8湖しか見えないそうです

 

 33湖を全部歩いて巡るはずでしたが

“景の池〜┐ま池の8湖は、バスの車窓からの見学となりました

が、バスはスピード落とさずあっと言う間に通り過ぎ、これって湖を観たって言えるかな?状態

33−8=25湖巡り!となり、ウ〜〜〜ン、看板に偽りありじゃないの⁉と思いましたが、でも結果的にはこれが正解

この8湖も歩いて観ていたら、ゴールの日本キャニオンのゴールまではとても行きつかなかったと思います

 

 森の物産館キョロでバス下車、いざ出陣!

ガイドの渡辺さんに色々説明を受けながら、写真を撮りながら、一生懸命後について歩きました

とても全部の湖の感想は書けないので、印象が深かった湖だけを列挙します

ケ杆の池〜湖畔に12湖ビジターセンターがあり、ここで幻の魚「イトウ」が養殖されています

 この日の夕食「季節のフレンチコース料理」のオードブルにマリネで出されましたが、白身のお魚は癖がなくてとても美味しく頂きました

青池(写真右上)〜12湖の中で一番有名な湖で、この湖だけ観て帰る観光客が殆どみたいです

 この日は午前中雲が多くて、晴れていればもっと綺麗な青色に観えたのでしょうけれど、それでも十分に澄んだ湧き水を湛えた青い湖面に周囲の木々が映り込み、息を飲む美しさにみとれました

長池〜名前の通りに本当に細長い。子宝の池と四五郎の池の間まで伸びていて、ビックリ!

四五郎の池〜この池のみ雪解け水が溜まる時だけ池になるので、他の澄んだ湧き水の湖とは趣が違い、草原に樹木が立ち並ぶ池でした

廓肪咫銑佳臙喟掌个鉢缶婿匣笋涼咾隆屬魴劼依景眛擦ら分岐した細い坂道(標高差100m)を一気に下ると見えてくる小さな湖

 ポツンと1湖だけあり、当然下りた急坂をまた一気に上って戻る、心臓破りの急坂の先にあるから、この名前がついたとか…

 「足に自信がない人は、ここで待っていても良いですよ!同じ所に戻ってきますから」と言われました

 私、足に自信は全くありませんが、折角白神山地にやって来たのだし、ましてクマが出没した形跡が多々見られる所に一人でポツンと待っているなんて飛んでもない事なので、頑張りました!

上るのは全く駄目な私ですので、遅れずに付いて登れた事に意義があると思っています(*^^)v

㉔糸畑の池(写真左)〜対岸に崩れ山が観えます

 お昼近くになって晴れて来たので、青空と共に湖面に映る山の姿は素晴らしく美しい物でした

 ガイドさんですら滅多に見られない程の美景だそうで、本当にラッキー!でした

 私にとっては、この日観た湖の中で一番美しい光景に思えました

 こんな青空が広がっていたら、青池はどんな色をしているのかな?元に戻って観てみたい

 

 ㉖埋釜の池まで見学して、十二湖リフレッシュセンターでランチタイム

 

 残りの7湖を巡り,日本キャニオン(写真右下)へ

午前中にたくさんの湖を観たので、正直言って午後回った湖はあまり印象に残らず…

でも、全ての湖が澄んだ湧き水を豊富に湛え、青や緑の色が素晴らしく美しかったことは確かです

 

 ㉜小夜の池→㉝影坂の池とまた一気に山道を下り、まさかここをまた登るのかしら?とギョッとして居たら、鬱蒼とした林の中から急に明るく眼前が開け、その先にゴールの日本キャニオンが待っていました、ホッ(*^^)v

日本キャニオンは、氷河の浸食崩壊によって凝灰岩(火山灰が堆積して出来た岩石)の白い岩肌がむき出しになったダイナミックなU字谷大断崖で、アメリカのグランドキャニオンにヒントを得て命名されたそうです

この山は、昔は地元の人から「日暮山(ひぐらしやま)」と呼ばれていたそうで、今も濁川に「日暮橋」が掛かっていて、白神山地には「ひぐらしの滝」、十二湖には「日暮しの池」があります

「日暮らし」とは、眺望の美しさにみとれて日が暮れるのを忘れる位景観が優れた場所を意味するそうです

確かに、青空と白い凝灰岩のコントラストは何とも表現のしようがない程美しく「ひぐらし」でした

 

 ここで今日の行程は完了し、日本キャニオンの麓の日暮橋から帰路へ

まだ時間が早かったので、日本海に沈む夕陽は拝めませんでしたが

ディナーの際にレストランの窓から眺められ、更にイカ釣り漁船の漁火も多数見え、絶景でした

 

 本日の歩数      29182歩

 歩数(3METs以上) 20104歩

コメント
待っていました、湖巡り〜
青池しか行ったことのない私が 大きいことを言えませんが、(33湖も あるんですね〜)なんと リゾートしらかみ には乗っています。 私の乗った時は、リゾートしらかみは 赤、青、緑の 3種類の車両があって どれに乗れるのか楽しみでした.
駅で待っていると「ブナ号」という緑の車両が やって来ました。 青池号に乗りたかったことと 窓から見る日本海が綺麗だったことは覚えています。
千畳敷では降りて 観光したようですが 千畳敷は 3日前に行った千畳敷カールの印象の方が鮮烈なので 海の千畳敷は あまり覚えていないのです。
どちらにしても 白神山地は お天気の良い秋の日に もう一度 是非訪れたい場所ですね。
  • キトラママ
  • 2018/10/01 9:46 PM
ありがとうございます!
五能線に乗られたのですね!羨まし〜ぃ
確かに、海の千畳敷より、山の千畳敷カールの方がインパクトが強そうです。千畳敷カールは私も是非行きたいと思っています
黄葉のブナ林も観に行きたいし、行きたいところが一杯(笑)
千畳敷カールは Mashed Potetoさんに まさにうってつけの場所でした。 私 なめて 普通のスニーカーで行ったのですが、Mashed Potetoさんのようなトレッキングシューズ買えば良かったとか・・・後悔しました。
私も 靴替えて 再トライしますよ〜〜
  • キトラママ
  • 2018/10/04 12:44 AM
千畳敷カールって、スニーカーではダメなんですか⁉今ネット検索して見たら、結構UP DOWN あるんですね…実は私、骨は20代↑なのですが、肺が90代↓道理で登山は苦手だけれど、下山は得意と言うのが白神山地に行って、添乗員さんの話から分かったことです。でも、お花も観たいし、来春行けたらいいのだけど
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM